コンドロイチンについての情報サイトです
コンドロイチン 情報サイト ヘルシーゾーン

ヘルシーゾーンTOP | 会社 | お役立ちコーナー |問い合わせ
 
取扱商品
コンドロイチンとは
コンドロイチンの代謝
含有量表示に賢くなろう
取扱商品
コンドロイチン含有食品の安全性
コンドロイチン含有食品の特徴
・おすすめのお召し上がり方
・よくある質問
・コンドロイチン関連文献
治療院の皆様
お取引募集案内
使用経験のご紹介
 
会社紹介
・会社概要・理念

問い合わせメール

有限会社 ヘルシーゾーン
〒 194-0045
東京都町田市南成瀬3-3-7
電話 フリーダイヤル
0120-99-8963

 
リンク

 お取り扱い中の先生やご愛用者から、お寄せいただいた質問および当社からの回答を示します。

(1)医薬品との相互作用について

コンドロシャークフィンの主原料は、サメヒレ軟骨エキスで、その成分はコンドロイチン硫酸・タンパク複合体です。また、副原料は、でんぷん分解物です。皮膜は、トウモロコシを原料とする発酵食品から作られています。

コンドロシャークフィンは原料成分から見て、その作用は穏やかであり、医薬品との相互作用は、今までのところ報告されておりませんが、念のため、本品を摂取する前に、医師・薬剤師にご相談されますようお願い申し上げます。

(2)過剰摂取の弊害について

お召し上がり方につきましては、ビンラベルに表示してありますとおり、1日6粒から12粒を数回に分けて摂取いただくようお願いいたします。
国際栄養補助食品業界団体連合会の報告によりますと、コンドロイチン硫酸の1日摂取安全量は、1200mgと発表されています。
コンドロシャークフィンは、1粒40mgのコンドロイチン硫酸が含まれておりますので、計算により、1日30粒が最大安全量といえます
当社は、摂取される方の体重に応じて、その方の摂取量を推奨いたしております。カラダの小さい方は少なめに・・・、大きい方は多めに・・・、という具合です。

長期間過剰にコンドロシャークフィンを食べ続けた事例は今のところ報告がありませんが、過剰摂取の継続により、消化器系の異常(たとえば、胃部膨満感など)が考えられます。
当社は、おすすめのお召し上がり方を遵守していただきたくお願い申し上げます。

(3)コンドロシャークフィンの副作用について コンドロシャークフィンは通常の摂取においては、長期間の摂取においても、肝機能、腎機能に対する重篤な副作用は報告されておりません。
まれに、軽い胃部膨満感を訴える方がおりますが、摂取を減量または中止することにより、症状は消失したとの報告があります。
また、非常にまれに、発疹を訴える方があります。この場合は、すぐに摂取を中止してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページのトップに戻る